*All archives* |  *Admin*

2009/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乗馬体験


 キャァ~恥ずかしい! 乗馬してみましたの図。いや、写真 by Kママ
自分でもまさか乗馬をすることになるなんて思ってもみなかったのですが。。。そもそも、日経新聞の記事を読んだのがきっかけのようです。←ヒトゴト
普通の夫婦が乗馬にはまって北海道の競走馬を育てる日高?に移り住んでしまったとかなんとか。。。「へぇー、馬の魅力ってすごいんだな」って感心した記憶が。。。そこへタイミングよく新聞に乗馬クラブの折込広告が入ってきました。龍ヶ崎、、、松戸から遠からじ。メタボにも良い。じゃ、ミクパパにやらせようか。。。聴いてみると二つ返事でOKを貰ったので即、体験コースに申し込みしてみました。が、当日になって誤解が発覚。私が乗るなら付き合うということだったらしい。今更断るのもなんなのでじゃ私も乗るわということになったのです。

 (日)の午後、クラブに行く前にKママご夫妻とランチをご一緒していただき、良かったら見学にどうぞ~と言っておいたら、ちょうど乗り始める寸前のところで本当に来てくれました! 感激! それで写真を撮ってくださった訳です。

 ヘルメット、靴、プロテクター、足カバーなど全てレンタル。本番前にN社の健康機器「乗馬」で疑似体験。これも初めて乗った私達。前後左右に微妙に揺れて「フ~ン、こういう感じね」。そして、今日、私達を乗せてくれるお馬さんは、「シールド君」と「ブー子ちゃん、いやいや、ブラディブルちゃん」でした。私達はノーズをスリスリして宜しくねとご挨拶を念入りに。

 こちらのクラブでは乗る時はいつも踏み台を使うそうです。左手をタテガミに右手は鞍の持ち手に置き、左足を鐙に掛けてイチニノサン!と飛び上がり右足は馬の背を跨ぐ。その時、くれぐれも馬の腰を蹴らないように注意と。 自転車に乗る時とほぼ同じ要領だそうです。「おお~乗れたじゃん」ってちょっと感動! 想像通り、視界がぐっと高くなりました。でも、何故か怖くない。中学生の頃、観光地で父と馬に乗ったことがあるのですが、前のめりになったまんまで居心地腰が悪く馬も歩きにくそうだったので暫く歩いて止めてしまいました。あとは視界が高い乗り物言ったら九州旅行で乗ったラクダかな。とにかく自分でも驚くほどリラックスしていました。

 そして手綱の持ち方を教わり、ゆっくり歩行を体験。姿勢を正して身体を馬の揺れに任せているとほんとに怖くない。そのうち、今度は片手を離してもう片手を馬のタテガミに伸ばす。または腰の方に伸ばすという指示が飛び、やってみるも内心、「こりゃ、アクロバットじゃん!」って。もっともっとというから短いリーチを限りなく伸ばしたら「奥さん、寝ています!」と笑われちゃいました。だって、届かないんだもん。最後は小走りの体験まで。お尻をイチニイチニと上げたり下げたりの練習をした後、いよいよ「ブーちゃん、いくよーー」と担当官の掛け声。ブラディブルに乗ったミクパパが先頭でシールド君に乗った私は後方。ちゃんと担当官が二人いて綱を引いて馬に指図しているのでビギナーの私達でもちゃんと走ってくれました。馬が上下に揺れます。イチニイチニの掛け声。「奥さん、出来てますよ!」「ご主人、まだまだ」「おっ、ご主人出来ました。奥さん今の見ましたか?」「いえ、見ていません」と私。担当官、ガックリ(爆)。だって、自分のことで精一杯なんだもん。最後、下りる時は踏み台がないので地面に着地した時の衝撃が結構ありました。そうそう、馬を褒める時は頸をさするのでなく叩くそうです。機嫌のいい時は耳が真っ直ぐに立っている。悪い時はピタッと顔に付いてしまうそうです。馬の頸をたくさん叩いてありがとうを伝えお別れしました。

 お世話になった担当官。若い女性と40代初め位の男性でしたが、とにかく二人共テンションが高く掛け合い漫才みたい。まるで私達の緊張をほぐしてくれるかのようでした。また、男性の方は「劇団ひとり」さんにそっくりなんですよ。で、結局、クラブに入会することになりました。ミクがいない寂しさを埋めるように大きな動物、馬とも交流を深めたいし。クラブでは基礎が出来れば九十九里を歩くツアーも可能らしいです。果ては湯布院、モンゴルまでとアピールしていましたが。キャンプや旅行先でも何度か乗馬をしている一行を見かけたことがあります。検索してみたら、八ヶ岳や富士五湖周辺でも出来るところがあるのを見つけました。緑の中を馬に乗って歩く。。。素敵! それを目標に頑張ろうっと。

0901jyouba3.jpg

0901jyouba1.jpg



スポンサーサイト
マイブーム
遅ようございます(汗)
まったりとお正月をやり過ぎ、ぼちぼちと思いつつもぐーたらしていたらもう月末になりました。
このままでは本当に没となりそうなので何とか這い上がってきた次第
こんな私めではございますが、今年もどうぞ宜しくお願いいたします

てな訳で、最近マイブームになっているものなんぞを列挙してみます。

1.BS朝日 「愛のワンニャン大作戦」  (金) 22時より
高橋克典さんが司会をしているペット番組です。1月に入ってから新聞の番組案内を見たのがきっかけで観始めたので今週で4回目ですが、サイトを見たら既に10月から放映されていたのですね。
読者からの投稿写真や動画。飼い主さんの素人ぽさが面白く微笑ましい。中でも一番興味深いのは芸能人のペットのお悩み相談室。録画を見ながらプロのトレーナーがペットの気持ちを代弁するのが笑えます。散歩に出てもすぐに抱っこをせがむトイプードルの飼い主保田圭さんはトレーナーさんのアフレコではまさに”ばあや状態”でした。所謂飼い主逆転状態なんですね。どんなにせがませれても飼い主として毅然とした態度を取らないと治らないとアドバイスを貰っていました。

 俳優高橋克典さん自体私はファンでもなかったのですが、この番組を見て彼の自然体の姿、特にスタジオに連れてきた彼のペット、イングリッシュ・コッカスパニエル母娘2頭とのホットな3ショットに親近感が沸きました。私には肩の力を抜いて週末の疲れを癒してくれるそんな番組です。

2. 歩数計

 年末の人間ドックの結果、またしても上昇の一途を辿る高脂血症の中性脂肪とLDL数値。食事にはかなり気を配っているのに何故? やっぱり日頃の運動不足からなのか。。。取り合えず歩くことから始めようと通勤日は駅までバスを止めて歩くことにしました。時間にして18分。なるべく帰りも歩く。そして、歩数計も買いました。仕事場のNさんが通っているジムで3割引きで買えるというのでタニタの3Dセンサー付き歩数計(FB-722)を選びました。Nさんのお陰で会社では何人も色違いの歩数計を持ち歩いています(笑) この商売上手!! (いや、実際は無償なのでもったいない) カラーが豊富で私はゴールド。女性に人気があると先日の日経新聞でも紹介されていました。身体に身に付けずバックの中に入れていてもちゃんとカウントしてくれます。これで朝晩駅までと仕事場の中でもちょこちょこ歩いていると8千歩くらいはいきます。しっかりウォーキングすればもっとカロリー消費できるのでしょうが、こんな感じでも今日は歩いたぞと励みになります。 仕事が休みの日も家にいるだけでは勿体ないので歩いたりしています。3ヶ月後の再検査。少しは変化が出てたらいいのですが。

3. ひょんなきっかけから今年の最大のマイブーム。。。二人で乗馬を始めることになりました。
 詳しくは明日?

チャオ~
プロフィール

ミクママ

  • Author:ミクママ
  • へそ天大好き犬、ミク(’07.8☆になる)の飼い主。
    猫も好きで現在、アンドレ、ちゃちゃ、びわと暮らす。
    アウトドア派の浜田省吾、達郎ファン。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
金魚clock
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。