*All archives* |  *Admin*

2008/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開花一号


 9月15日に種まきたパンジー&ビオラ。順調に育って、本日写真の様に開花第一号と相成りました!これは「ビオラF1 ソルべオレンジ」で一番苗数も少なく育ちもパンジーレモンやビオラホワイトに比べて遅く小さく心配したのですが、無事に蕾をつけこうして咲いてくれるとは嬉しいこと!!愛おしくて堪りません(^^) いろんなところにお嫁に行った苗達も無事に咲いて家主に喜んでもらえることを祈っております。

 後日、他の花達が咲き揃ったら又お目に掛けたいと思います。
ひとまず、ご報告まで。
スポンサーサイト
中国風お刺身
 先日ミクパパの会社の方達が我が家にいらした時にメニューをいろいろ考えた末、長年一度は作ってみたかった”中国風お刺身”にトライしてみました。そもそも、この料理、私がまだ独身時代の赤坂に通勤していた頃、一ツ木通りにある海皇(ハイファン)という中国海鮮料理のお店でいただいたのが始まりです。何でもこのお店は一度倒産したようですが、義妹がこのお店が再開したと新聞で見かけ、家族みんなを今月初めご招待してくれました。

 まず、トップに出される”中国風真鯛のお刺身”の美味しさは絶品です。その後も”車海老のおどり”は生きた海老をお酒に漬けてもがく姿が踊っているよう?少々残酷ですがフレッシュな味が堪りません。広東料理なので全ての味はさっぱりと馴染み易く美味しいです。最後は蓮の葉に包まれたちまきとデザートになります。

 今回、甥っ子達も一緒だったのでオーナーは彼ら達にお刺身とサラダを混ぜるパフォーマンスをやらせてくれました。それが↓の写真。 二人共、嬉々としてやらせてもらっていました。

0811highfan1.jpg


一人前がこんな感じです。
0811highfan2.jpg

 で、私が家で作ってみたお刺身

0811kaisensalada.jpg

 もっと大きなお皿に盛り付けできればよかったのですが、生憎お店みたいな大きなお皿はないので一人ずつ取り分けてから混ぜてもらいました。真鯛のお刺身の周りはダイコン、キュウリ、人参。これらを千切りにし、ワンタンの皮を揚げたものとピーナッツを砕いたものを添えています。このワンタンとピーナッツが淡白な素材にインパクトを与えてくれるなくてはならないものです。本来なら香草を載せたかったのですが、近くのスーパーになくて仕方なく乾燥もので済ませました。タレは”DHCの老陳酢”と醤油、砂糖少々を合わせてみました。

 お客様には大好評でした。お客様と言っても既に何回かお会いしているメンバーなので話が弾み、私一人で飲んでいたワインは空になってしまいました。でも、その後は、、、久しぶりの二日酔いでつらかったです(笑)
映画「容疑者Xの献身」
 今日、用があって松戸駅まで出たついでに映画を観てきました。レディースディだし(^^)
「容疑者Xの献身」。実は今月の三連休に最近利用している「おおたかの森SC」でミクパパと観てきたものです。でも、もう一度、あの感動を味わいたくて。。。今日は勿論一人で。二度目も観るなんてケビン・コスナーの「ボディガード」以来です。

 最初、私は福山君ファンではないので興味はなかったのですが会社では福山君ファン(主婦ばかり)がたくさんいます。早速、この映画を観てきた人達から「切なくていい映画だったよぉ~」と聞いたのがきっかけでした。

 途中眠くなってしまったこともありましたが、最後の最後で大どんでん返し! 驚きと共に感動の涙が頬を伝ってきました。ほんとにこんなに切ない気持ちになったのはいつ以来でしょう。福山君がカッコイイのはわかります。でも、この映画に関しては堤真一さんの演技が抜群に素晴らしく、彼の最後の場面の涙、慟哭をもう一度観たくて二度映画館に足を運んだとも言えます。今日も同じでした。ラストシーンで涙がこぼれてきました。周りからもすすり泣きが聞こえてきました。松雪さんも薄幸な美人の役どころをよく演じていました。でも、堤さんのあの最後のシーンは何度も演じえるものではないのでは。一発でOKもらえた演技ではないでしょうか。私は彼に今年の「アカデミショー主演男優賞」を差し上げたいです。福山君も友を思い、悩む苦悩の姿が素敵でしたけどね~☆

 一回目映画を観た後、原作も読んでみました。でも、やはり映画のシーンが頭に浮かんでしまいました。映画は原作にない山のシーンなどもありますがかなり原作に忠実です。いつも原作が先か、映画が先か悩みますが、今回は映画を先に観てよかったのかも。こんなに純粋な愛があるのでしょうか。とにかくお薦めの映画です。
プロフィール

ミクママ

  • Author:ミクママ
  • へそ天大好き犬、ミク(’07.8☆になる)の飼い主。
    猫も好きで現在、アンドレ、ちゃちゃ、びわと暮らす。
    アウトドア派の浜田省吾、達郎ファン。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
金魚clock
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。