*All archives* |  *Admin*

2008/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「5296」-コブクロ ライブ-
 会社の友人がチケットが多く取れたからと武道館のコブクロライブに誘ってくれました。
コブクロというと「蕾」「桜」「君という名の翼」やCMで流れている曲くらいしか咄嗟に浮かばないんですが、黒田さんの歌声は結構好きなので生で聴けるチャンスをもらえて嬉しかったです。

 日本武道館はいつ以来かしら。随分前にオフコースのライブを聴いたことがあるだけかな。あとは短大の卒業式で入っただけかも。九段下の駅でトイレに入り会場に向うとIDチェックをするように書かれた看板がありました。それって何?何?と流れに沿っていくと入場前に本人確認を出来るものを提示してチケットに書かれている住所と照合する受付を通らなくてはならなかったのです。連れの私達も一緒にチケットを出して枚数も確認したようです。これならオークションなどでバカ高い値段に吊り上げて買い占める業者も締め出せるし、勿論どこにもダフ屋は居ませんでした。

 さて、私達3人は2F席中央でした。カウントダウンの数字が「5296」になるとスタート!一斉に立ち上がったけど私達も含め周りの席は座ったままの人が多かったです。あとで初めての参加の人達でした。今日の小渕さんのスタイルがチェックのシャツとブーツだったので黒田さんから「木こり」みたいと言われて爆笑ものでした。その小渕さんは曲や歌詞に込めた気持ちなどを真剣に説明してくれて生真面目な方という印象でした。反対に長身の黒田さんはどっしり構えている感じでやはり歌声はとても素敵でした。また、MCが長いですから途中で勝手にトイレ休憩してくださいねと言われていましたが、そのトークが二人の掛け合い漫才みたいで結構面白く、黒田さんのお母さんの話とかはかなりインパクトがありました。

 新曲も結構交えて徐々に盛り上がり中盤では私達もずっとスタンディングをしてやっとエンジンが掛りました。しっとりした曲を聴いていると何故かミクのこととか先日お☆さまになったインディー君のことが思い浮かんできて涙がこぼれてきました。一番聴きたかった「桜」はアンコールで聴けました。バンドなしの小渕さんのアコースティックだけで。会場は一本の糸をピーンと張ったような空気の中、ラスト近くはマイクなしで。歌声だけが会場と私達を包み込んでくれとても素敵な「桜」でした。

 成熟した浜省のライブとはまた違った味のある彼らの全力疾走が伝わってくるライブ。3時間以上の長丁場、お疲れ様でした。また、素敵な楽曲を期待しています♪
スポンサーサイト

テーマ : ライブ シーン
ジャンル : 音楽

猫カフェ初体験



 もう先週の(木)のことです。
柏にある猫カフェ「猫の手」さんに行ってきました。
なんでも千葉県初とかいうふれこみです。

 会社の同課のお二人と夕方待ち合わす前に柏の社会保険相談センターに立ち寄りました。私宛に「年金とくべつ便」が届いたのですが厚生年金の部分が記載されていなかったのでこれは絶対問い合わせなくてはと。でも、電話より直に問い合わせた方がいいと思い待ち時間をサイトで調べてみました。こちらは7時までやっているし、混雑状況を見ると30分ほどの待ち時間となっていたので雨でもあるしすぐにやってもらえるかなと思って行ってみたのです。でも、なんと66人待ちでした。取り合えず30分位近くの雑貨屋さんをブラブラして戻ってみるとまだ30人。でも、受付の人に尋ねてみるとすぐできますからお待ちくださいと言ってもらって待ってみるとホントにすぐ呼ばれました。予約もできるし応対席も10席くらいあるからだったのか。ともかく、聞いてみるもんですね。丁寧な応対で基礎年金番号が統合されていなかったところを訂正してもらい納期の空欄部分を調査してもらうことをお願いして終わりました。でも、調査結果は1年くらいかかるそうです。

 さて、猫カフェさんに到着。駅から10分?くらい歩いた1Fが居酒屋さんのビルの5Fでした。
入り口で靴を脱ぎロッカーに荷物を入れて受付に鍵を渡します。猫部屋へは1時間800円。延長30分ごとに400円の料金設定になっています。カフェのスペースでケーキセットやご飯ものもいただけます。私達はお腹が空いていたので猫にお触り??いやいや猫と戯れる90分付きオムレツセット1850円にしてみました。

 猫部屋に入る前にちゃんと手を洗ってさあ、スタート♪ さっそく店員さんがご飯の容器をカンカンと叩くとどこともなく猫達が集まってきました。どこの猫も"ご飯命"なんですね。

0804nekocafe2.jpg

 尻尾がライオンカットされているニャン子さんは確か”ライオン丸”という名前だったかな。

0804nekocafe3.jpg

 なんかユニークですねぇ。

0804nekocafe4.jpg

 黒いのは仔猫です。一緒にいるのは母猫ではなくベビーシッターさんだそうで、ちゃんとお乳を吸わせてあげたりする母性本能が強いニャン子さんでした。

0804nekocafe5.jpg


 8時も過ぎるとちょっとおネムになってきました。この耳が沿っているのは「アメリカンカール」という種類だそうです。耳が伏せているスコティッシュという猫は知っていますが、反るタイプもいるなんて初めて知りました。

0804nekocafe6.jpg


 この子も同じかしら。この日は総勢15匹いたそうです。朝10時から夜10までご苦労なことです。ほんとに眠かったり一人になりたかったりしたら別室に逃げられるみたいですが、でも私が猫だったら気疲れしちゃいそう。

0804nekocafe7.jpg

 
 この日、私達がいる時間は10名ほどのお客さんが居ました。カップルも2組。それぞれの男性が猫を遊ばせるのが上手で感心。ちゃんと猫のツボを知っているかのようでした。

0804nekocafe8.jpg


 この仔猫ちゃんはコートが縮れている種類のニャン子さんだそうです。

0804nekocafe9.jpg


 こちらは猫の「セツ子」さん。そっと寄り添ってくれました。

0804nekocafe10.jpg

 
 私がいただいたオムレツはニャン子を模ってありました。うーん、ボリュームはあるけど、サラダが欲しかった! 帰りにオーナーさんに我が家のニャンズの写真を見てもらいながら3匹が仲が悪いと言うと去勢避妊してあっても匂いはあるので雌のびわちゃんがボス風吹かしているアンドレにお腹を見せれば丸く収まるとアドバイスをもらいました。しかし、現実、びわは彼らの母であるからしていくら子離れ母離れしていてもそう簡単に低姿勢にはなれないだろうなぁと私は思うのです。それからちゃちゃは珍しいカラーの猫だそうです。性格はとてもシャイでこの人と思った人にだけ懐くそうです。すっ飛びでいたずら好きというのも当たっています。

0804andchacha.jpg

↑ 【オマケ画像】 我が家に来てまもないアンドレとちゃちゃ。

 珍しい猫ちゃんにも会えたしとても異質の空間でもあった猫カフェ。わたし的にはやっぱり我が家のニャン子が一番可愛い!と再確認。しかし、オーナーさんの猫知識やアドバイスを聞けたのは有意義でした。毎年、柏で人間ドックをやっているのでまた年末来たら寄ってみようかな。それにしても最近はあちこちに猫カフェがあるようで本も出ているようですが、私の記憶に残っている猫カフェは1984-1989に連載された漫画 ”こばやし まこと”の「What's マイケル」に出てくる猫カフェです。初めて読んだのはかれこれ20年以上前。あの頃から実際存在していたかは知りませんが、猫好きには堪らない空間のようです。家にも数巻あるはず。また読み直してみよっと。面白いんですよ~。

P.S.
14日(月)、 "みのもんた"さんのお昼の番組で「猫の手」さんから中継が入るそうです。
ビデオに撮らなくっちゃ(^^)

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

桜の木の下で



 (日)、前日と打って変わり曇り空で午後には雨になるという。桜は東北のお楽しみにしていたが新聞の集金に来たいつものおじさんが近くの桜が綺麗ですよと教えてくれたのでメタボ対策宜しく二人でウォーキングがてら見物に出かけた。

 馬橋から新松戸に向う坂川沿いは整備されていてちょっとした散歩コースになっている。ミクとはここまでは歩いて来なかったねと話しながら立派な幹の満開の桜の下を通っていくとチビゴルに出会った。

 4-5ヶ月位のゴルを連れていたのは私達より若い感じのご夫婦だった。傍を無言に通ることはできず声を掛けたらもうとんでもなく大はしゃぎ(^^) 飼い主さんが持ってる携帯は齧ろうとするしワサワサあっちこっち動いて動いて停まることを知らない。私達にも去年まで同じゴールデンの男の子がいた話をすると「1-2年で大人しくなるんでしょうかねぇ~」と既に手を焼いている風。「甘い、甘い。良くて3年、うちは5歳でちょっと変わったかな」なんて脅しちゃった(笑) ラブちゃんと言ったゴル君。「元気で長生きするんだよ」と言って別れた。

 あ~、あの柔らかい毛触り。知らない人だって誰だっていい。「ねっ、ボクのこと好きでしょう!?~」ってまとわり着いて来る。もうどうしようもない位脳天気。あの笑顔を見ていると世の中の不幸なんて吹っ飛んじゃう。家に帰ってからもしばらくチビゴルのことが頭から離れなかった。ミクも立ち話をしている輪の中に突っ込んでって「みんな大好き=」ってはしゃいでたっけ。あ~懐かしいなぁ。チビゴル。ガキンチョゴル。でも、決して欲しい訳ではない。もう子育てするあんなエネルギーはないと思っている。

 また会えたらいいな。よそ様のゴルは気が楽だ(爆)
プロフィール

ミクママ

  • Author:ミクママ
  • へそ天大好き犬、ミク(’07.8☆になる)の飼い主。
    猫も好きで現在、アンドレ、ちゃちゃ、びわと暮らす。
    アウトドア派の浜田省吾、達郎ファン。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
金魚clock
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。