*All archives* |  *Admin*

2007/12
<<11 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晩秋の京都旅行 -高台寺-
IMGkyoto_0553.jpg


 知恩院さん、円山公園を素通りして高台寺へ向った。「ねねの道」は既に人出が多くあまり風情を感じる程ではなかった。ゆば料理のお店で昼ごはんを取り、いよいよ高台寺の中へ。

意外と中は広く見所が多かった。茶室も多く、2階立てのものもあった。印象的なのは秀吉の坐像と並んだ北の政所の木像。その下には彼女の遺体が土葬されているとか。遥か京の山間を眺めながらどんな思いを巡らして暮らしていたのだろう。

IMGkyoto_0555.jpg


IMGkyoto_0557.jpg


IMGkyoto_0560.jpg


IMGkyoto_0562.jpg


IMGkyoto_0563.jpg


 やっと巡り合えた”竹林”。高台寺もライトアップが見事らしい。


番外編

 無事、東京駅に着き改札を出て常磐線に向おうとした矢先、何か手元が軽い。「あっ、お土産の袋!!」 新幹線の棚に置き忘れたのだった。急いで改札を入り直し、ホームにある事務室へ息を切らしながら辿り着くと目の前にその袋が置いてあった。ミクパパと「その袋です!」と見事にハモッた(笑) 即、清掃のおばさんが回収してくれた模様。もう「ミクパパのバカ~!」と。京土産が岡山まで行かなくてよかった(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

晩秋の京都旅行 -哲学の道-
翌朝新聞を見たら、昨日の「花灯篭」の人出はなんと17万人だったと@@ 道理で動けないはずだ。

 7時に朝食をいただいた後、8時過ぎ哲学の道を目指して出発。東西線「蹴上駅」で降り、レンガ造りのトンネルを抜け大きな屋敷が続く通りを過ぎると南禅寺だった。
まだ人もまばらで静かだった。大門前で写真を撮った後、永観堂のお庭をちらりと拝見し哲学の道に。14-5年振りの道はきっと大して変わっていないのだろう。静けさが好きだ。犬の散歩もいいなぁ。こんなところに住んでみたいと一瞬思ってみたが、いやいや観光客だらけで落ち着かないのだろう。過去2回訪れた若王子にあるカフェへも立ち寄ってみたかったが荒れ果てた階段からすでに営業は止めていたようだった。その代わり、別の茶屋でういろうとお抹茶をいただいて休憩。法然院まで行ってみたかったが、11時のチェックアウトまでホテルに戻るにはこの辺で引き返さないといけない。南禅寺の大門ももう一度撮ってみたかったので仕方なく折り返した。

IMGkyoto_0528.jpg


 朝の南禅寺

IMGkyoto_0533.jpg

 永観堂

IMGkyoto_0538.jpg


 哲学の道

IMGkyoto_0541.jpg


IMGkyoto_0545.jpg


IMGkyoto_0546.jpg


IMGkyoto_0986.jpg


IMGkyoto_0550.jpg

 
 再びの南禅寺

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

晩秋の京都旅行(2) -花灯篭-
「大覚寺」から「二尊院」へ向う無料ジャンボタクシーがあるようなので行ってみると結構並んでいました。果たして次の車に乗れるのかどうか、15分おきの車を待つのもなーーと思った矢先、丁度嵐山駅まで行くバスが来たので急いで乗ってしまいました。駅から「竹林の小径」を歩いて今回はヨシとしようと思ったのが大間違いでした。渋滞の道路をどうにか走っていたバスはついに。。。

 「野々宮神社」辺りに来ると更にヒートアップし、歩道は通行人の頭だらけ。まるで初詣の時のような、全然前に進んでいない様でした。この後ろについたら何時に竹林に辿り着けるのやら。着いても人だらけで風情なんてありゃしない。とお腹も空いてきたことだし、きっぱり諦め、渡月橋の写真を撮ってホテルまで帰ることにしました。

IMGkyoto_0525.jpg


 橋も山もライトアップされていました。ものすごい人出でした。

IMGkyoto_0527.jpg


 向こう岸にはバルーンまでも。

 パンフからイメージしていたものとはかなりかけ離れていた感じ。嵐山駅もこんなにお店が多かったとは。賑やか!! もう15年くらい来ていないからかなり変わったのかしら。とにかく人の波に疲れました。次に行くことがあったら見たい場所に時間前から行ってないとダメですね。だったら大覚寺の雅楽を見ておけばよかったなぁ。まぁ、大覚寺だけでもゆっくりできてよかったと思わなきゃ。これから向うバスは大変だぁ、と。

 ホテルまで戻ってさて、夕飯はどこにしよう。適当に歩いて辿り着いた先は先斗町でした。混んでて一軒断られ後、入ったお店はおばんざいという看板に惹かれた「姫御膳」というところでした。ビルの3Fでカウンターとテーブルのこじんまりした店内。マスターとママさんと二人で切り盛り、てんてこ舞いのようでした。カウンターに座って前を見ると何枚もの色紙。王様のブランチで紹介? カクチカコさんとのツーショット。ふむふむ。

 生麩料理があったので、チーズグラタン風を頼みました。トマトのスライスが乗っててなかなか美味しかったです。淡白な味だからチーズにも合うんですね。冷酒の名前は忘れましたが、副題に「幸せ猫の、、、」とあったので注文してみました。ボトルに猫の絵が描いてあってとっても飲みやすくて美味しくてお代わり。なんでも山崎の方のお酒とか。満席だったのが少しずつ空き始めてとうとうお客は私達だけ。TVをつけて地元サンガの話を嬉しそうに話すマスターや着物姿がとっても似合うまさに京女のイメージのママさんとちょっとだけおしゃべりしたりして。お店のお客さんはシーズン中は8-9割方が観光客だそうです。って私達もだけど。Bさんも言ってたけど、観光客が多くて地元の人はなかなか紅葉を楽しめないようで、、、スミマセンネ。

 翌日は朝からハードスケジュール。。。つづく

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

晩秋の京都旅行 -大覚寺-

 8日1泊で京都へ旅行してきました。
ミクパパも私もそれぞれ何度も訪れている場所ですが、私が独身の頃に歩いた「大覚寺・大沢の池」と「哲学の道」がとても懐かしく、更に嵐山では「花灯篭」のイベントがあると知ってそこをメインに道程を組みました。


 宿泊は「ロイヤルホテル&スパ」という地下鉄東西線「京都市役所前」駅の近くだったので便利でした。京都駅には1時近くに到着。ゴル友のBさんが迎えてくださってお昼ご飯を姉小路にある「光泉洞寿み」という生麩のいただけるお店でご一緒しました。1時間位でしたが、こうして初めてにも拘らず急にお会いできることができたなんてネットのお陰というか、バンちゃんとミクのお陰でしょうか。ありがとう。

DSCF0977.jpg

 生麩は味噌田楽のようにしていただきました。このモチモチ感がギュウシにも似て美味しかったです。

 Bさんにホテルまで送っていただいて私達はチェックイン後大覚寺に向けて即、出発。
二条城駅からJRに乗り換えて嵯峨嵐山駅へ。ここから徒歩で向いました。




 まだ明るかったので先に大沢の池をゆっくり散策。最初に目に入ってきたのはこの屋形船。この船の上で時代劇の撮影をやっていたのを思い出して懐かしかったです。

IMGkyoto_0512.jpg


 池の周りはとても静かでミクを連れてきてあげたくなってしまうとミクパパと話ながら歩いて行きました。(それとも私達の間を一緒に歩いていたかな~,なんてネ)


IMGkyoto_0516.jpg

 6時からこの場所で雅楽が披露されるようでした。時間があれば観てみたかったのですが。。。

IMGkyoto_0517.jpg

 
 十二単衣を体験できるイベントをやっていたのでこのように女学生が女人に変身していました。

IMGkyoto_0519.jpg


 5時位になると所々に置いてある灯篭やライトもつけられて幻想的に。
大覚寺さんは写経道場を開いているとはこの日、初めて知りました。

IMGkyoto_0522.jpg


 池に写る多宝塔の前にはたくさんのカメラマンが。私もご他聞にもれずおニューの三脚を立てました。

 さ~て、次に目指すは「二尊院」から「竹林の小径」辺りか? しかし。。。
 
                                           つづく
 

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

旭山動物園 -ペンギン-



 ラストを飾るはペンギン達です。
こちらは 日本で最も多く飼育されている南アメリカ沿岸に生息している"フンボルトペンギン"。巣穴を掘るそうです。


0711funpeng2.jpg


 愛嬌のあるフェースですね。


0711iwatobipeng1.jpg


 「キヲツケーーー!」

赤い目とくちばしに黄色い冠のような羽がビューティフルな "イワ飛トビペンギン" です。

0711iwatobipeng2.jpg


「ヤスメーーー!」(笑)
寒さはちょっと苦手なので日向ぼっこが大好きとのこと。両足を揃えてピョンピョン飛びながら移動するのもキューート!


0711jentsupengin1.jpg


0711jentsupengin2.jpg


 あまりはっきり撮れてなくてスミマセン。とにかく速くて速くて。水の中を飛ぶ鳥って感じです。時速30kmって言ってたかな?

0711penginall.jpg


水の中をたゆたうペンギン達。
泳ぐ姿はしかり。じっと立っているだけでもとても魅力的。さらに道に雪が積もる頃ペンギン達のお散歩はどんなにか愛らしいことでしょうね。あ~見てみたいけど、ものすごく寒いんだろうなぁ。

                     レポートは以上で~す。
旭山動物園 -エトセトラ-



 アムールトラ
目の前に迫ってくるとかなり迫力があります。
最近、中国の動物園でアムールトラが共食いをしたという悲しい記事を読みました。野生でも共食いなどしないそうなのですが、動物園の経営状態が悪くろくな食事を与えられない結果起こってしまったそうです(悲)


0711higuma.jpg

 
 ヒグマ
ずっと横たわっててちょっと気だるそうな顔でした。

0711hyou.jpg


 クロヒョウ
真っ黒かと思いがちですがよく観るとヒョウ柄がわかります。
ビロードの様なコートです。

0711oraunnta.jpg


 オラウンター
元々熱帯雨林が棲みかなので寒い冬は舎の中に居ました。なので綱渡りは観られず子供を抱いて静かに佇んでいただけでした。

0711shika.jpg

 
 エゾシカ
トナカイが傍だったのですが、鼻が黒いのでたぶんエゾシカでしょう。
トナカイは鼻の頭に白い毛が生えているようです。「真っ赤なお鼻のトナカイさん♪」は歌の中だけということです。

0711fukuro.jpg

 
 シロフクロウ
北極圏で最大の猛禽類で、他のフクロウとは異なり、日中に狩りをするそうです。十数秒毎に「クルッ、クルッ」と首を回すしぐさがユニークでした。

 ラストはペンギンです♪

P.S.

今日の画像はMちゃんに教わった「縮小専用」という無料ソフトでリサイズしました。彩度を上げてシャープにしています。
http://i-section.net/software/shukusen/
プロフィール

ミクママ

  • Author:ミクママ
  • へそ天大好き犬、ミク(’07.8☆になる)の飼い主。
    猫も好きで現在、アンドレ、ちゃちゃ、びわと暮らす。
    アウトドア派の浜田省吾、達郎ファン。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
金魚clock
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。