*All archives* |  *Admin*

2007/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガーデニング
0710yoseue1.jpg


 最近、ガーデニングを始めちゃいました♪
ミクが我が家に来る前は私も少しはやっていたのですが、ミクが来てからは忙しくなって世話ができなくなり止めてしまいました。

 今回のきっかけはハウスメーカーさんからたくさんのグリーンが入った大きなバスケットをいただいので一部を寄せ植えにしたことから、花も寄せ植えしたくなちゃいました。玄関に置いてあるのですが、空気が爽やかでとっても気に入っています。一緒についてた小鳥も可愛いくって。

0710yoseue2.jpg

 ガーデンシクラメンを中心に。手前の鉢はシーマニアです。奥にあるポストにはしだれ咲きビオラをハンギングしています。


0710yoseue3.jpg

 
 ガーデニンググッズのサイトを見たら可愛い犬のピックがあったので即ゲットしました。穴掘りしてるのや、飛び出して耳がピョン!となってる姿がキュートでしょ♪ 文字のついているものは針金で刺すタイプです。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/sc-gardenclub/

 以前、ガーデニングが好きな札幌のTさんのサイトを見て、この可愛い置物は一体どういう意味をなすのかと質問したことがありました。今思うとなんとおバカなことを聞いたのかと苦笑しています。

 今日はムスカリとチューリップの球根を買ってきました。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

大好きな写真 3枚組



 2年位前の土手にて。夕日を浴びて。


0710miku2.jpg


 ボールを咥えて嬉しそう。

0710miku3.jpg


 この幸せに満ち足りたミクの瞳が大好き!!
ぼそぼそ  -夢-
 一昨日、ミクの夢を見た。
どんなシーンだったかは覚えていないが、突然ミクが私の横に現れた。
「あっ、ミク! 」と私はミクの大きな背中をひと撫でした。
ミクのコートの感触は今でもこの手に残っているような錯覚に陥る。
しかし、次の瞬間「あれ、でもミクはもう死んじゃったのに。。。」と夢の中で気づくといつの間にか夢は終わってしまった。

 会社のロッカーの場所が近かったので挨拶程度だった人が実は代々大型犬を飼っていることがわかってミクのことを話すようになった。 昨日、会社のロッカー室で前に吠え声を聴いたことなどの話をした。するとその方はミクが幸せに成仏しているのだと言う。ただ、これからは何か危険な目に合いそうな時とかは傍に居て守ってくれるのだと。
私はもう成仏してしまったのかと少し寂しい気もしたが、安堵もした。

 しかし、今日いつものクリーニング店のオーナーに同じ話をしたら逆のことを言われた。ミクはまだ私のことが心配で成仏せずに夢に出てきているのだと。吠え声のことも笑い飛ばさずにちゃんとうなずいてくれた。確かに私はまだミクの写真を家中に飾ってその瞳を覗き込んでは話かけて涙したりしている。そんな私を置いてミクは遠くに旅立てないと言われればその方が当たっているかもと思った。でも、オーナーは1年位は傍にいるのは普通らしいからいいのではと。ミクは私達夫婦の元に子供のような役目を持ってやってきてその役目を終えたのだ。もしかしたら、ミクの死は私達が住居を変えた人生の節目に厄落としのような意味もあったのかもと。そのうちミクが別のワンコを連れてきてくれる。そしたらミクも安心して天国に行くのだと。。。私も自然に任せたい。いずれ、ミクへの思いは今と違ったものに変化していくだろう。その前にいっぱい、いっぱいミクのことを想って泣いておきたい。

 江原さんの番組の話など交えて30分以上話込んだ。こういうことを真剣に聞いてくれる人が傍にいることが今はとても有り難い。

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

クルージング



 
 今日は新築祝いのお返しに義母や義弟達と東京湾クルージングに出かけました。ゆりかもめ「日の出桟橋」から出航する「シンフォニー」のサンセットブッフェ。午後4時半から2時間のコースでレンボーブリッジやお台場、羽田飛行場などの夜景が綺麗でした。

 窓の外は夕焼けが次第にパープル色に染まる頃、デッキに出て写真を撮れたらよかったのですが、その時間はテーブルに着いて食事を始めたばかりなので余裕がありませんでした。次回はトライしてみたいな。

 今日は絶好の秋晴れで風もなくとても良い記念になりました。


0710shinphony2.jpg



0710shinphony3.jpg

 私達が乗ったのはこちらの船でした。
ぼそぼそ  -ミクパパ語録-
その1

ミクパパ 「ミクは口数の少ない犬だったなぁ」

私 「 ??口数少ないって?」

ミクパパ 「ワンワン、キャンキャン吠え立てることがないっていう     か。。。こうしろ、ああしろって主張しないっていう。。。」

私 「元々、ゴールデンってあんまり無駄吠えしたりしないし、、、」

ミクパパ 「我慢強かったというか、よくついてきてきてくれたという    か、、、」



その2
「こうして家でご飯食べる度に思い出すんだよな」

「何か分けてもらおうといつもミクが俺の傍にべったり寄り添ってただろう」

「おにぎりとか昨日のモツ鍋のモツとか、、、」

「もう全部食べなきゃならないから太っちゃうよぉ」(おい、ミクどうしてくれんだよぉ)

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

ぼそぼそ  -声-
 今日は日曜日なので朝寝坊をしていた。私は一度目が覚めたもののもったいないので寝直しをしていた。

 突然、頭の中で「ワン!」と吠える声がはっきり聞こえ飛び起きた。その声はまさしくミクのものだった。

 すぐさま、ミクパパに「今、ミクが吠えた声が聞こえたよ」と報告した。生前、このように朝寝坊していると「まだ寝てるの? ボクの散歩はどうなってるの?」と「ワン」と一声吠えて訴えたことがあった。

 やっぱりミクは私達の傍にいてくれている。そう信じることにした。

 

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

ぼそぼそ -電話-
 たくさんの方からミクにお花などをいただいた。
いつもならメールでお礼を書くのだが、文字ではニュアンスが伝わりにくいのでお一人お一人に電話をさせていただいた。

 先日も引越しが落ち着いた頃でしょうからとお花を贈ってくださった。彼女もミクと数ヶ月違いで愛犬ゴルを亡くしていた。

犬飼いでなきゃわからないこと。
愛犬を亡くして想う気持ちは一緒。

電話越しに一緒に涙を流した夜だった。

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

ぼそぼそ -I miss you-
 2階の寝室にする予定の部屋に最後まで残ったダンボール箱。
ミクのリードやら洋服やら入った、所謂遺留品。
取り合えず、1階の床下収納に置くことにした。

 表には、太いマジックで「ミク」と書いた。
その後、ミクの文字の両端にハートマークを書いて塗った。
そして、左端に「I Love」と付け加えた。
最後に、「I miss you」と力を込めて。

 今ほど、心の底からこの英文がぴったり当てはまるものはない。

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

ぼそぼそ-封印された場所-
 先日、ミクパパが会社の出張でドイツから帰国し、成田から松戸までのリムジンバスを使いました。

 「参ったなぁ~、「風土記の丘」の前を通るとは思ってなかったからびっくりしたよ」と。

 「そうだったんだぁ。。。」

 会話はそれで終わりました。

 ミクとの思い出が一杯詰まっている「風土記の丘」。ミクが大好きだった散歩道。入り口付近になると嬉しくて右や左にそわそわして喜んだっけ。 

 ミクパパは万感こみ上げるものがあったことでしょう。

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

ぼそぼそ-フラッシュバック-
 みなさま、ご無沙汰しっぱなしでごめんなさい。
このまま、消えようかなとも思っていたのですが。。。やっぱり
心に溜めていたものを残しておこうかと思い、出て参りました。
たあいのないことなのでそっと読んでいただければそれだけで
幸せです。ぼそぼそ、書いみます。

 未だ、ミクのことを思うと涙が溢れて仕方がありません。
随分前のことです。先月後半だったでしょうか。
引越し前の8月末から軽い喉風邪をずっとひいていました。病院でも何度か薬を貰いましたが、引越しが終わってもなかなかすっきりしませんでした。きっと引越しの疲れだろうからそのうち治るだろうとやり過ごしていました。

 ある日の午後、職場でデスク作業をしていました。突然、ドライブしていた時、いつも私達二人の間からミクがにゅっと顔を出していたことがフラッシュバックの様に蘇りました。そして、ミクが私の肩越しに顔を出した錯覚に陥り、涙が溢れてきました。

 慌てて、テッシュを取り出して涙をぬぐって場をしのいだのですが、きっと鼻も眼も真っ赤になっていたのでしょう。同僚の方から「○○さん、風邪は大丈夫ですか?」と声を掛けられました。「実は今、ミクのことを、、、」なんて話たらダムのごとく感情を抑えられなくなりそうだったので「うんうん、大丈夫です」と誤魔化しました。

 突然、私のいる場所が真空状態になったような感じでした。実際ミクが私の傍に降りてきてくれたのだろうか。だったら嬉しいけれど、職場はまずいよ<ミクちん 夢でもいいから会いに来て。

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

ミクママ

  • Author:ミクママ
  • へそ天大好き犬、ミク(’07.8☆になる)の飼い主。
    猫も好きで現在、アンドレ、ちゃちゃ、びわと暮らす。
    アウトドア派の浜田省吾、達郎ファン。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
金魚clock
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。