*All archives* |  *Admin*

2007/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初夏の頃(2)



 木陰で休んでいると、飛ぶ準備態勢に入っていた男性が「ワンちゃんは大丈夫でしょうか。大きな音でびっくりしちゃうかも」とわざわざ声を掛けてくれました。犬にまで気を使ってくれてなんて優しいでしょう。この男性、土手に来るといつも見かけます。これはなんというのでしょう。ミクパパの解説では背中にはガソリンを背負っているらしいです。エンジンを回して走り出すとすぐに空中へ。かなりモーター音は煩いので耳栓でもしているのかしら。でも、自力で空を飛ぶのってなんとも言えず快適なんでしょうね。

0704guraidar2.jpg


0704guraidar3.jpg

スポンサーサイト
初夏の頃



 今日は久しぶりの夏日。最近ずっと車のBGMは「フラガール」だったのですが、だって、綺麗なウクレレのの音色にとっても癒され運転も快適! 今日は思わず浜省の「初夏の頃」に変えてみたくなりました。

 一昨日、昨日とミクの抗がん剤治療を行いました。一昨日はアスパラギナーゼの皮下注射。昨日は静脈注射で4時間ほど掛かりました。昨日はミクパパがゴルフで居なかった為、初めてペットタクシーを頼んでみたのですが、車に乗せる時に介助してくれなくってちょっと大変でした。タクシーが専門でなくペット霊園が主業だから他と比べて安いらしいのですが、次回頼まなくてはならない時、どうするかなぁ。

 先生に副作用のピークは2-3日後と言われ、胃腸薬の薬を貰ってきました。私達の心配をよそに食欲モリモリ、今朝は土手に向って一直線に歩き出したようです。でも、今朝、ミクは粗相をしちゃいました。私達が目覚ましが鳴っても寝ているとムクと起きあがって傍にやって来ました。いつものようにここにおいでと言うとミクパパの布団に横たわったのですが、すぐに立ち上がったと思ったら「ジャーーー」と。間に合いませんでした。幸い、布団は外してくれたので助かりましたが、点滴のせいでしょう。こっちが早く気づいてあげればよかった。今度からは寝る前にトイレしておこうね。

 さて、土手に行ったミクをカメラを持ってレスキューに。木陰の少ない土手広場。ミクはベンチのわずかな日陰に寝そべっていましたが、私が近づくと立ち上がって歩き出しました。

0704dote2.jpg


いつもボールが転がっている端の所まで行くのですが、今日は暑いので途中でリターンさせました。本人は行きたかったみたいですが、無理させてはいけないので。

0704dote3.jpg



 駐車場近くまで戻って、また木陰で休んでいました。爽やかな風に当たっているといくらでも居られそうなひとときでした。  つづく
リンパ腫



 気の重い話ですが、まぁ、聞いてください。
去年の末頃から気になっていたミクの咳。咳と言ってもコホンコホンというものではないのですが、2-3回した後に「グェ~」と吐き戻す様子を見せていました。決して吐くわけではないのですが、気になってお正月辺りに病院に行ってみました。その時はよくわからなくて様子を見ましょう程度した。その後、私達も家の打ち合わせで毎週出かけ忙しく過ごして今思うとミクのことは少々なおざりになっていたのかもしれません。すっかり心臓の方からきているのかと思い込んでいたのも間違いでした。

 先週の(土)、はたとその咳が喉につかえるような感じに聞こえて気管支をぐいと触ってみました。その瞬間、「なに、これ?!」と顔が青ざめました。手にはグリっと小さなしこりの感触が。ビー玉位だったかしら。翌日、病院で細胞針で検査してみたところ、「リンパ腫」の疑いが出ました。咳に関してはもしかしたら「甲状腺癌」の可能性もあるけれど、細い針ではわからないのでこちらは後日麻布獣医大で見てもらった方がいいと先生に言われて予約を取りました。二度の病理検査の結果、リンパ腫であることはほぼ間違いないようでした。確かに(土)から一週間の間にしこりはゴルフボールに近いくらい、驚く程成長していました。

 リンパ腫の治療は切除ではなく、化学治療、つまり抗がん剤がよく効くそうです。抗がん剤と聞くと私自信、正常な細胞も殺してしまう、副作用がつらそうという概念があって受け入れるのに抵抗があったのですが、何も治療をしなかった場合、中央値(短いものから長いものまで含めた生存期間の平均)6週間だそうです。新しい家はミクの為に階段の代わりにスロープを付けたり、庭から段差なしで出られるようにしたのに。たった6週間なんて9月の引越しには到底無理となってしまう。高齢だから進行も緩やかと思いきしや、この不気味な塊はまるで悪魔のようにどんどミクの中で大きくなっていくようです。

 先生の説明もネットで調べたものにも抗がん剤の副作用と何もしないで命を縮めるのとどちらが良いか天秤にかけて考えた場合、どちらをとるのかということでした。抗がん剤の副作用は動物の場合人間よりも出にくい。また、たとえ出ても回復するし、対処も出来る。きちんとした治療計画に基づいて行えば、寛解(あたかも完治したように見える状態)の時期やそれを維持していける時間もある。ミクの寿命を上手くいけば15歳まではと考えていた私達にとって、たとえ完治しなくても出来るだけ長く一緒にいてくれたら有り難いことなのではないかと自分に納得させて抗がん治療を受けることに決めました。

 これから、ミクの病気治療のことが多くなると思いますので、「ミクのこと」とカテゴリーを作りました。

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

CRISTEL
とうとう買っちゃった、クリステルの鍋。
3月に一緒に食事をしたKママが「いいよ」と薦めてくれたのですが、なんせ値段もいいので迷っていました。今、使っているのはアルマイト製のもので結婚した時に揃えたもの。なのでだいぶ外めが色褪せてきちゃいました。そこで引新居に合わせて鍋も新しくしたいと思ったわけです。

 一番のお気に入りは収納がいいこと。重ねてしまえるのです。次に鍋底がステンレスの三層で熱伝道が非常に良く、ステンレスの蓋が蒸気を逃がさないので少量の水で葉物も色鮮やかにゆで上がります。試しにほうれん草をゆでてみたらほんと水っぽくなくて美味しかったです。じゃがいもとグリンピースの煮物も大成功。今日は竹の子ご飯、それからミクの大好物のサツマイモを蒸してみました。

 一番使用頻度の高い18cmから一つずつ買い求めようかと思ったのですが、セットの方がお得みたいなのでスターターセット(16cm、18cm、20cm、他)を買いました。サイトをいろいろ検索してみたところ、直輸入の「プロキッチン」が一番お得だったのですがいつもsold out。
 http://www.rakuten.co.jp/prokitchen/168432/

なので(株)千田 グッディーズ
http://www.rakuten.co.jp/senda/
さんで買い求めました。

 次に欲しいのはお魚を蒸せる楕円型の鍋とグリップかな。
里親募集
0610jyona2.jpg


 昨年10月に那須のキャンプで一緒に過ごした、ラブラドールのジョナ君ですが、ご家庭の事情で里親さんを探すことになりました。

 
 H.15年5月生まれ もうすぐ4歳になる男の子です
 体重 27~30kg
 現在 外飼いです。
 性格は人なつこく、素直ないい子です。
 体格はやや小ぶり

生涯可愛がってくださる方を探しています。
どうぞ宜しくお願いします。

連絡先は norishoot555@m3.gyao.ne.jp 「ラブの里親募集」まで
映画「東京タワー」
 (火)、会社の帰りに東銀座「東劇」で「東京タワー」を観てきました。

 「フラガール」のような大感激のような感動はなかったけれど、じんわりと心に沁みました。母と息子って特別な繋がりがあるのかな。私の周りの人達を見てても息子に対する思いって娘に対するよりちょっと違うような気がする。オカン役の樹木希林さんとボク役のオダギリジョーさんのコラボは絶品だと思う。お互いを思いやる気持ちがさざなみのように静かに伝わって心地良かった。若い母役の内田也哉子さんも演技は上手くないけれどいい味出してさすが母子、希林さんに上手にバトンタッチしてたと思う。

 希林さんがすっごく可愛い。オトンが九州から上京して見舞いに来る時、恋人に会う時のようにそわそわ落ち着かなくって恥らう様子が上手い!長い間裏切られっぱなしだったのにずっと愛していたんだなぁって。芯の強い母役だけど彼女のまったりな部分がこの映画を包み込んでいるような気がする。もう一度、ゆっくり観る機会があったらいいな。

 予告で観た8月予定の「怪談」。原作は落語「真景累ケ淵」。主演「尾上菊之助」「黒木瞳」。この二人にからむ女4人。男女の情念の世界を描いていてかなりドロドロっぽい。観た瞬間、観たい! 一緒に行ったSさんを誘ってしまった。
幸せなひととき
0704andre.jpg



「う~重い、重い。これでは全く身動きできませぬ。お許しください、お代官さま」
「どうじゃ、この重しはかなり堪えるであろう。動けるものなら動いてみよ。そちの悪行は知れておるわ。最後に言いたいことがあれば申してみよ」
「では、一言。、、、お腹すいた、、、」チャンチャン

 お昼前、ちょっと居間で座っていたらすかさずアンドレが私の膝の上に乗ってきました。おや、珍しい。今日は寒いものね。ヨシヨシと撫でているとゴロゴロ喉を鳴らながら何度も方向を変えて一番居心地がいい場所を探し始めました。しかし、どうもしっくりいかない。私の膝が小さいのか、アンドレの体が大きいのか。いや、どっちもどっち。でも、ようやく形になってスヤスヤと寝始めました。最初は嬉しくて大歓迎でしたが、すぐにアンドレの重みがずっしりと堪えて。。。起こしちゃ可哀想だから身動きが全くできない。TVも本スイッチを消してしまったので手元からではつけられないから雑誌をめっくてるだけ。そのうち眠くもなってくるし、お腹も空いてきました。あ~、今日は銀行にも行きたかったんだけどなぁ。デジカメがすぐ傍にあったので、取り合えず撮ってみました。近過ぎて頭しか入らないけど、わかってもらえるかなぁ、アンドレの大きさ。でも、普段あまり触れない肉球が私の手の平にムニュって当たって、やっぱり幸せなひとときでした。アンドレ、又来てね~。チャンチャン
苺大福



 今日は「6」の日なので前にも紹介した銀座6丁目にある和菓子店「甘楽」さんに行ってみようと会社の人を誘ってみました。お店の外から中を覗いてみるとショーケースの上にあるある、「振る舞い菓子」が! 店内に入って物色しているとすぐに店員さんが「どうぞ、ご試食ください」と声を掛けてくれました。本日は柏餅が3種類なり~。すぐにいただく程ずうずうしくないので(笑)まず、まだ食べたことがない「苺大福」と「豆大福」、それと「桜饅頭」を買い求めその後、柏餅を2種いただいちゃいました。ピンク色のは白味噌餡でしたが、さっぱりしてとても美味しかったです。皆も苺大福と豆大福を買ったようです。今回は嬉しいお茶のサービスもありました。

 家に帰って、早速いただいてみました。
薄いシートを外すと苺の香りがプーンと漂って、既にミクも極近!? 味わってみると苺の酸っぱさが口の中に広がりつつ、白餡のほのかな甘みが重なってきました。けっして苺の邪魔にならないよう、なんて控えめな餡なのでしょう。苺の引き立て役であり又、なくてはならない存在。このコラボが絶妙でした。う~ん、クセになりそう。豆大福も塩っぽくなくほどよい甘さでこれも絶品です。

 ご一緒した3人のうち、2人のご新規さんも大そう気に入ったようで、案内した甲斐がありました。
伊豆白浜の旅



 先週の(土)、去年手術した義母がずっと望んでいた家族旅行をしてきました。大人6名、子供2名、犬2頭の大所帯でした。場所は伊豆、白浜。宿はサニーステップさんでした。

 まず、お昼は伊豆高原で食材を買い込んで宿のデッキテラスでBBQを楽しみました。夕食を美味しく食べるにはあまりお腹一杯にしない方がいいとわかっているものの、やっぱり最後は苦しくなってしまいました。

0704shirahama2.jpg


 夕食は二手に分かれて、義母達と私達は部屋食にしてもらいました。これなら犬達も一緒にいられます。特注した伊勢えびはプリプリ! お刺身も金目鯛の煮付けもとっても美味しくて大満足でした。お風呂は河津から持ってきた温泉で露天風呂は貸切ができました。

 翌朝、チェックアウトする前に2年前に2回ほど1週間休みに宿として使った「小波音」さんに顔を出してコーヒーをいただいてきました。ミクの元気な顔を見てもらえました。帰路に向う途中、義母が行きたがっていた東伊豆・松崎にある「長八記念館」「長八記念館」、沼津の「千本松浜公園」を訪れました。もう夕日も沈んで暗くなって少しの時間だけしか居られませんでしたが、母は喜んでいました。

0704shirahama1.jpg


 甥っ子達と一緒に旅行するのは今回が初めて。下のK君がまだ2歳なのに(6月で3歳)いっぱしの口をきいたりして、「オレ」とか言っちゃうし可愛くてとっても楽しかったです。ほら、走りっぷりも見事でしょ。
宿を後にして立ち寄った「白浜」で遊んだことが一番楽しい思い出になったとミクパパとも意見が一致!綺麗なウニを撮ろうとカメラを向けていたら突然の波に驚いて後ろに下がった途端岩につまずいてひっくり返ったりした私(笑)ミクも朝の散歩に来た時より皆がいるせいか元気で海にお腹チャッポンしたかったみたいでしたが、なんとか阻止してしまいました。マーク(M・ダックス)もいつになく走り回って楽しそうでした。ミクもいつもののんびりミクペースの旅行でなくて大丈夫か心配でしたが、思いのほか元気でした。お疲れ様<ミク

0704shirahamamiku2.jpg



P.S お薦めレストラン:

 「長八美術館」のすぐ近くにあるフレンチ・レストランプロヴァンス・ド・すずき。本来は大型犬はテラスの様ですが、行った時間がランチの終わり掛けで他にお客さんがいなかったので一緒に中に入れてもらえました。リーズナブルなコースで美味しかったです。

[椅子がこわい]
 Rママから借りた本「腰痛放浪記 椅子がこわい」新潮文庫。
あの有名な女流作家、夏樹静子さんが私の父と似たような症状(椅子に座れない)で3年間も苦しんでいたとは。。。とても興味深く読みました。器質的に原因がないとしたら心因性のものではないか。夏樹静子さんは知らず知らず作家としの重圧に押しつぶされていたのです。心療内科の治療を受け、「夏樹静子」という人間をを捨て、一人の主婦に戻った時痛みは消えました。

 実はみのもんたさんのオペを執刀した福井先生にセカンドオピニオンをしてもらう機会があって、同じようなことを言われました。父は痛くて行けないので私が話しを聞いてきたのですが今までのレントゲンやカルテで診断してもらいました。が、とにかく一度本人が診せに来てくださいと言ってもらったのに本人は全く意に介さず。心因性のものとは全く意に介さず。困ったものです。「老いては子に従え」って言葉があるでしょうが!

 興味のある方は一度お読みください。
 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

長寿
 ミクパパの会社の人から聞いた話です。
彼のお兄さんが飼っていたゴールデンが先日亡くなったそうです。
歳を聞いてびっくり。18歳でした。

 ミクパパが4年程前に彼に連れられてお兄さんの家というか、母屋の実家を訪問した時、「ワンワンワン」と吠えまくりながら駆け寄ってきたのがそのゴル君でした。さすがに人なら誰でも大好き、大歓迎タイプに慣れているミクパパには番犬タイプのゴルは怖くて手が出だせなっかたようです。

 4年前というとあの時既に14歳。ミクより1歳上でその元気とは@@ う~ん、ミクちん、咳なんかしてる場合じゃないぞ。我が家と違ってべた可愛がり方じゃないみたいだったけどお庭が広くてのびのび暮らしていたからよかったのかな。ともあれ、あっぱれな犬生でしたね。合掌。

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

びっくりしたぁ
 お花見(追記)

ミクと車を置いてあるところまで桜並木の道を歩いていたら、それは突然目の前に現れた。私はこれ以上無理っていうくらい目をまん丸にしたつもりだけど、相手に敵っこない。だって、相手はアニメのお面を付けた女の子なんだもん。アニメの瞳って言えば想像してもらえますよね。
お星様がキラキラしているような、大きな目。そして、瞬きなんかしたくてもできない。何のキャラかはわからなかったけど、金髪のロンゲにドレス。一瞬見えた手は肌色の手袋。高い靴を履いていたのか背が高い。ん?もしかしてドレスを着ているのは女の人じゃなくて男の人だったりして?!

一瞬の出来事だったので見過ごしたけど、もう一人隣にいたかしら。あ~写真撮らせてもらえばよかった。でも、公園でも一人おばさんぽい人がやはりアニメのキャラみたいなかっこうしてふらふらしていたんです。その人はおじさんみたいな連れがいたし、顔はお面じゃなくて地に厚塗りしていました。もしかして、公園でオフ会でもあったのでしょうか。どこかで着替えたのかな。それとも、公共の乗り物使って来たんでしょうか。今思い出しても異様な遭遇で不思議体験とか言いようがありません。
お花見
 今日は汗ばむほどのお天気に恵まれてお花見に相当賑わったでしょうね。我が家はミクパパがゴルフで不在だったので昨日、地鎮祭が終わった後、水元公園に行ってみました。生憎の曇り空で少し肌寒い位でしたが、ミクにとっては今日より歩き易かったでしょう。久しぶりの水元公園は楽しかったようです。

 では、毎年代わり映えのしないものですが、ミクちんと桜をご覧ください。

0704sakura1.jpg



0704sakura2.jpg



0704sakura3.jpg



0704sakura4.jpg

 ミクパパにコロッケをおねだりしているミク。向こう岸の「みさと公園」も桜が満開になっていました。

 今年もこうして一緒にお花見ができて幸せです。
来年も約束だよ<ミクちん!

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

「あんじん くちん」
 ”あんじん くちん”ってなんのことかわかりますか?
インドネシア語で ”あんじん”は犬、”くちん”は猫のことだそうです。

 先月末、美容院の帰りに生活雑貨のフロアーを覗きに「プランタン銀座」に立ち寄ってみました。と、同じフロアーで丁度「創作ねこ展」をが開催されていました。そういえば、何かの広告で見たかも~やっほーとばかり、じっくり見させてもらいました。ビーズや置物やTシャツや、いろいろなオリジナルの品が展示されていて製作者もそれぞれに居て客引き&説明をしてくれました。

 一番気に入ったものが「あんじん くちん」というバリ島の木彫りの置物です。ベンチやソファーに腰掛けた形の猫ちゃんがカップルだったり釣りをしていたりと、とっても微笑ましいんです。ゲットしようかなと思ったのですが、いやいや、引越ししてからじっくり選ぼう。トイレや玄関に何気に置いてみたいなと楽しみは取っておくことにしました。

でもせっかくだからと、別のところで、猫の背中がピンクの石で首と尻尾のところがメレダイヤになっているピンブローチをゲットしました。
プランタン銀座では5月3日からも、猫展があるので楽しみです。すっかり、猫雑貨にはまっている私です。


 「あんじん くちん」は西荻に実店舗があります。
サイトは <こちら>

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

ミクママ

  • Author:ミクママ
  • へそ天大好き犬、ミク(’07.8☆になる)の飼い主。
    猫も好きで現在、アンドレ、ちゃちゃ、びわと暮らす。
    アウトドア派の浜田省吾、達郎ファン。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
金魚clock
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。