*All archives* |  *Admin*

2006/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お好み焼きとカラオケ



 我が家の近くの街道沿いに「道とん堀」というお好み焼き屋がオープンして3週間近くが過ぎたでしょうか。オープン間もなくお昼に行ってみたら待つ人があまりにも多いので即諦めました。そろそろほとぼりも冷めてきたかなと思い今日、1時半頃行ってみたらやっぱり混んでました。でも、10%割引を使うのも今日しかないので名前を書いてひたすら待ちました。かなりお腹が空いた頃、やっと案内されました。

 メニューbookはファミレス風でもんじゃ、お好み焼き、鉄板焼き、デザート、ご飯ものなど200種類ほどあるようです。お好み焼きはバラエティーに富んでいて決めるのに悩むでしまいました。その中から"ミックスもんじゃ"と明太子とお餅が入った"大吉"というお好み焼きをいただきました。上手な焼き方もちゃんと書いてあるし、鉄板の温度も190℃以上にはならないように設定されています。ちょっと気になったのは店員さんが注文が入ると"ぽんぽこぽん"と声出しするのです。このお店のキャラがたぬきだからですね。慣れるまで恥ずかしかったんじゃ? お好み焼きやもんじゃはミクパパが作ってくれるので私はほとんど食べる人。たまにはこういうのもなくっちゃね。ホルモン焼きとサラダの後〆は焼きおにぎりで。チョコバナナクレープというのも自分で作るみたいで次回トライしてみよっかな。写真はもんじゃです。

 さて、その後はカラオケに繰り出してみました。シダックスの割引券があったので行ってみたら40分待ちというので止めてビックエコーに変更。すると即okでした。私は2時間のうち2曲を除いて浜省の歌ばかり歌っていました。新アルバムの曲も全て入ってるので嬉しかった。まず"I'm father"から~古い歌も交えて。歌い易いもの、にくいものいろいろあったけど、浜省になった気分で熱く歌ってみました(^^) そうそう、"たそがれマイ・ラブ"も歌ってみましたが、メロディーがうろ覚えでしたが。それから陽水の"飾りじゃないのよ涙は"。これはなかなか上手く歌えたかな。
 
 今日は雨だったけど昨日に引き続き充実した休みでした。これで月末頑張れるぞぉ~!
スポンサーサイト
たそがれマイラブ



 昨日、4時過ぎからミクを連れて久しぶりにお台場へ。前回と同じく「船の科学館」の隣にある「潮風公園」に車を停めて「お台場海浜公園」まで歩いて20分位かしら。最初は地味な埠頭の景色が続いているのですがそのうち遠くにレンボーブリッジの華やかな景観が見えてきます。時期的に人出は多くなく目立つは犬を連れた人ばかり。階段を上がってデックスビーチに。ここに来ると人が多いこと! まだ夜景には早いので何か暖かい飲み物をと思い、歩いてみるとテラス席ペット歓迎のお店が2軒ありました。「エスプレッソ・カプチーノ」というお店でブリッジと行き交う人を眺めながらピッツァとカフェオーレを優雅に、、、と思ったらミクに気づいた人がジロジロとこっちを見て、ピッツァにかぶりついてるのもちょっと気が引けちゃったりして(笑) 手前の席でない方が良かったかな。

 そのうち、ツリーのライトも点灯を始めそろそろ写真タイム~! 三脚がないので手すりなどで固定して撮りました。時間と共に刻々と変わっていく景観と華やかなナイトビュー! オレンジに輝く東京タワーもアクセントに。久しぶりに満喫しました。つけたタイトルは "たそがれマイラブ" (←大橋純子、古過ぎ~笑)。どうぞ↓ご覧ください(^^)/ 

0602odaiba2.jpg


0602odaiba3.jpg


0602odaiba4.jpg


0602odaiba5.jpg


0602odaiba6.jpg


 ミクはデックスビーチを降りてきて公園に着いたら即おしっこをしていました。たくさんの人が通るところではトイレをしてはいけないってちゃんとわかってたみたい。教えてないのに偉いなぁ(親バカ) 長い時間付き合ってくれてありがとう、ミク!
今日の一本!
昨日は休みで朝から掃除洗濯に勤しんで、午後は郵便局に行かなくてはと思ってたところあっという間にお昼頃になってしまいました。お昼を食べてからと思っているとなんだか寒気が、、、いやな感じ。ご飯を食べて少し横になっているともうこたつから出られなくなってずっとゴゴロと寝ていました。熱は37℃まではないのですが、平熱が低いから何となく熱っぽく起き上がるのも億劫でした。夕方になりミクの散歩催促の視線が刺さってきて渋々外に出てみました。でも、足がだるくて気持ちも悪くなりそうな。ミクが立ち止まっている時はしゃがみ込みたくなるほどでした。帰ってきてから近くのドラックストアに食べ物を買い出しミクパパに調子が悪いから早目に帰ってきて欲しいとメールをして寝ていました。が、結局帰ってきたのは11時過ぎ。でも、その頃には一旦37、3℃まで上がった熱も下がって私の調子も戻りつつあったので明日の散歩を頼んで休みました。

 しかし、今朝、ミクパパに「もしかして、昨日はまた飲んできたの?」とさりげなく聞くと「そう」という答え。「妻が具合が悪いっていうのに飲んでくるんだぁぁぁぁ。もし、救急車で運ばれるほど具合が悪かったらどうするの?」とイヤミたっぷりに言うと「その時は、その時」とか。まぁ、私もそんなに酷い状態でなかったからそれで終わったけど、やっぱり「妻が具合が悪いのでお先に帰ります」ってたまには(←ここんとこ強調!)早く帰ってきて欲しいなぁとちょっとくすぶったのでした。

 お昼にその話をAさんにしてみました。すると「あ~、それはね新妻じゃないからよ」と一言。「わはははっ、そうか~そうだね~(爆)」と私。いつもながらAさんの辛口のジョークには感心してしまう。女性版"綾小路きみまろ"ってところでしょうか。お陰でその時はスッキリしたんだけど、今こうして思い出しているとやっぱり、、、まったく男の世界ってヤツは。。。クゥーーーー! 
春近し



 (土)の午前中、ミクを連れて水元公園を散歩しました。
爽やかな陽射しを受けて枯れ木達もどことなく楽し気に見えたのは私だけ? 今年はことのほか寒いから梅の開花も遅いけど探してみたら、ほら、あった! ぼちぼち咲き出しましたね。これから花粉も本格的に飛び始めて憂鬱な時期だけど、春はもうすぐ♪ ファイト!(←なんのこっちゃ)

0602mizumoto2.jpg

肌整形メイクとマイブーム



 昨日、休みだったのでお昼に何気なく「徹子の部屋」を見たら、田中宥久子さんというビューティーアドバイザーの方がゲストでした。興味を惹いたのが美顔マッサージで「7年前の顔に戻すことができる」という。ディレクターが実験台になって比較したところ、見事に美しくなっていました。顔がリフトアップされて肌の透明感が出ている。こんなに違うものなのでしょうか。

 田中さん自身は60歳位になっていそうな話振りでしたが、とても見えなくて、せいぜい50代初めか。いや、頬や顎のたるみが全くないのでもっと若く見えるかも。きりっとした顔立ちに感心してしまいました。そして、田中さんが開発したという美顔術がDVDなっているそうで、一部を公開していましたが、私にも出来そうな感じでした。今もつい片手を顎の下から頬に向ってリフトアップしていました。リンパの流れを良くするのもいいそうです。あ~クセになって仕事場でもやってるかも(笑) 肌というのは記憶するそうで、老け顔のメイクをすると皺など記憶してそのままになってしまうそうです。田中さん曰く、「いくつになっても諦めないこと」だそうです。今、本を検索したらネットで安く売ってたのでクリックしてしまいました(^^)
  
 お水もたくさん飲むのもいいそうですがそれは最近気に掛けて始めていました。というのも新谷弘実さんの「病気にならない生き方」という全米No.1の胃腸内視鏡外科医が書いた本を読んだからです。彼流の"食べない方がいいもの"は常識を破るようなものばかりで驚きでしたが、趣旨はエンザイム、つまり酵素をたくさん摂取した方がいいという見解です。ですから加熱していない生の食材もなるべく食べるようにしています。それはペットにも言えることでドックフードや缶詰は全て加熱した食べ物です。酵素は加熱によって失われてしまうからです。ミクには以前、生食をあげてアレルギーにより断念しましたが、今は私達が食べるフルーツやサプリメントで少しは摂取できてるかなと思います。

 さて、DVDが届いたら真面目にトライしてみよう。果たしてちゃんと結果が出るかな~(^0^ゞ

 ↑ミクの写真は先日の「野川公園」のものです。

深大寺界隈散策



 今日が私達の結婚記念日なので何か記念にミクを連れてドライブと考えていたのですが、(土)は暖かでも(日)は寒くなるとの予報。それではと昨日繰り上げて出かけました。場所は調布、深大寺界隈。一昨年、友人と散策して次は是非ミクを連れてお蕎麦を食べに来ようと思っていました。それと、近くにある「野川公園」も寄ってみたいなと。

0602nogawa2.jpg

 お昼頃、家を出発して首都高を抜けまずは「野川公園」へ。
ミクは深い枯葉の大地をわざとかさかさ鳴らして歩いているみたい。静かに立ちつくす木立の中を潜り抜けて「武蔵の森」へ。246号線(東八道路)を渡ると野川の堤が暖かな日差しに包まれていました。 自然観察センターは犬を連れての散策はできなかったけど、この堤をのんびりと歩きました。川は意外と澄んでいて子供達が遊んでいました。ちょっと気を許しているとミクも降りていこうとするので慌てちゃいました。この公園は調布飛行場が近くにあるので上空をセスナが飛んできていました。芝生でしばし休んで次の目的地、深大寺へ。


0602kitaro.jpg


 1日700円の駐車場は高かったけど、停めて門前を歩きました。前に来た時は平日の雨の日だったのでひっそりしていたけど、今日は大勢の人で賑わっていました。犬連れの人も多く、きっと植物園の方にあるドックランの帰りなのでしょう。ゴルも何頭か見かけました。まずは鬼太郎茶屋に立ち寄ってみました。顔をはめて撮る記念撮影を撮ってみようかと思ったら「ペットはご遠慮願います」と。あははっ、考えることはみな同じですね~(笑) ではと鬼太郎&目玉親父と一緒に♪屋根の上には巨大下駄が載っています。

0602jindaijisoba.jpg


 犬連れで食べられるお蕎麦屋さんは~とぶらぶら探して端の方にある「青木蕎麦屋」さんの庭先でいただくことが出来ました。だいたい4時頃には終わりになってしまうところ、ぎりぎり間に合ったようです。私はなめこ蕎麦を。手打ち蕎麦のやや太めのお蕎麦に関東風の濃い目のお出汁。寒くなかったら盛り蕎麦が良かったかなぁ~。その後、そばパンとみたらし団子を。栗餡のそばパンはさっぱりした餡もなかなかでしたが皮が香ばしくて美味!! これは病みつきになりそうなくらい美味しい!かぼちゃやさつま芋などの餡も試してみたかったです。

 今日は暖かな日差しに恵まれて良い記念日になりました。帰り道は首都高が渋滞していたので環七をぐるりと回ってきました。
ごめんね



 先週の(土)の朝、ふと久しぶりに現れた母猫。実は私はこの猫にも勝手に名前を付けていました。黒と白2色なのでblack&whiteのイニシャルを取ってBIWA-びわちゃんと。私の顔を見て鳴くのでお腹が空いている模様。でも、私は近くのドラックストアーにミクパパと待ち合わせていたので「後でね」と言って歩き出しました。するといつになく後を追ってくるではないですか! なんだかいじらしいくらい。それでも途中で断念した様なのでお店に向かいました。その時、ふと私の中の悪魔が囁いたのです。「今なら保護して病院へ連れて行けるかも」と。

 ミクパパにも了解を得て保護することにして何気ない顔して戻ってきました。びわちゃんには缶詰を開けて呼び寄せましたが玄関に置いたキャリーバックを見てしまったのか姿を消してしまいました。何か嫌な予感がしたのかもしれません。「しまった」と焦った私は裏へ回ってみました。するとびわちゃんを発見! 再度、缶詰で玄関まで呼び寄せて少しだけお皿に載せました。びわちゃんが食べ始めたところを「それ!」と上から首根っこを押さえて腰からひょいと持ち上げてキャリーバックへ。いとも簡単に保護できました。

 前回予約した病院はとても安く手術をしてくださるので助かるのですが、予約日に保護できかどうかという難点があります。今回はミクがお世話になっている先生にお願いしました。こちらの先生も野良さんなので少しサービスすると言ってくれていました。電話をしてみるとOKということなので預けて帰りました。でも、びわちゃんの気持ちを思うととっても心苦しかったです。信じていたのに騙し討ちしたみたいにして裏切ったのですから。でも、このままではまた野良の猫が増えてしまいます。心を鬼にして決行しました。

 さて、病院の都合でオペは(日)になったので(月)に迎えに行きました。先生に様子を聞くととても大人しかったということでした。ランなんてギャアギャア凄かったのに(^0^ゞ 前回はこのまま元のところへ放したのですが、今回は大事をとって1週間程エリザベスカラーをして家に置くことにしました。用心にノミダニのフロントラインもしてもらいました。仔猫達には会えないよう2Fの一部屋を占有して。ゲージも借りてきたのですが、部屋の鍵のトラブルがありびわちゃんは荷物の片隅に潜ってしまいました。あまり強引に引っ張り出すのも嫌だったのでそのままに。

 今日で3日目。少しずつ食欲が出てきました。そして、驚いたことに私に対して全然怖がらないのです。あんなに酷いことをされたのに指に餌を載せてあげてみたら食べるし私の腕に顔をこすりつけてくるのです。そして、顔を掻いてあげるとゴロゴロと喉を鳴らして甘えてきます。うにゃぁ~、仔猫達より人馴れしている! 予想外の展開にびっくりです。「フッー」とか「シャー」とか唸ってくれた方が後腐れないのになぁ。。。つづく?

写真はキッチンに置いたダンボールに入ってウトウトしているアンドレと見張り番?のちゃちゃ。夜は暖房の入っている1Fに降りてきて寝るまで遊んでいます。もっとスマイルして!<ちゃちゃ
新メンバー



 あまり気を揉ませてしまっても申し訳ないのでもったいぶらないで発表しま~す! ご覧の通り、我が家に仔猫が2匹やってきました。

 話は遡ること、昨年の11月。1ヶ月に数回程しか姿を見ない黒白の猫ちゃんが我が家から数メートル先の廃屋になっている軒下に仔猫2匹を連れて現れました。「あら~、お母さんになっちゃったのね~。たまにしか顔を見ないからてっきり飼い猫かと思ってたのに野良さんだったの? この先どうするの? この子達が一人前になったら又子供を作っちゃうしこのお母さん猫だってそのうち又。。。母猫も仔猫達も人間にはかなりの警戒心を持っているのでこのままでは一生野良のまんまだし」ということでこういう猫を見ると放っとけなくなっちゃう私の性分。前回みたいに保護して人馴れさせたら野良の世界から足を洗えるのでは。とご飯の面倒を始めたのです。しかし、なんと言っても白い猫の方が亡きランにそっくりでしょう~。ひと目惚れしちゃったいうのが本音です。早速名前を付けてしまいました。咄嗟に閃いたのがベルバラの「アンドレ」。その時はまだ男の子か女の子かわかりませんでした。でも、脚はかなり太く、一緒にいる茶色の仔猫より大きいのです。だから女の子でも宝塚歌劇団ってことでいいかなって(爆) 茶色の方は見たまんま、「ちゃちゃ」と命名しました。

 私がご飯を上げ始めた途端、その軒先の立てかけてある戸板の陰に暖かな布を入れたダンボールが出現しました。むむっ、これは私以外に猫達のこと気にかけている人がいるということです。一体誰なのか。わからないまま、月日は過ぎていきました。そのうち、私は母猫の避妊をしようと決心し病院に予約を入れました。前日の夜8時以降から朝のご飯まで絶食にさせないといけないのでご飯をやらないよう傍に張り紙をしておきました。が、当日の朝、見事に失敗! ネットを持った私の行動を怪しいと感ずいたようで、捕まえようとしたらするりと逃げられてしまいましたw(:_;)w あ~、これで当分私に対する警戒心は消えないでしょう。

 とその夕方、猫の傍にいると男の人が声を掛けてきました。「避妊手術はどうなりましたか?」と。まさしく、ダンボールを置いてくれた人でした。すぐ前のアパートに住む学生さんで動物が好きなので獣医さんになりたかったのが親に反対されて今の勉学に励んでいるということでした。で、親猫にたまにご飯を上げていたそうです。私としては謎が解けてすっきりしました。

 そんなことをしてるうちに母猫はすっかり子離れをしてしまい、仔猫達が駆け寄っても威嚇して離れてしまいます。仔猫達も私のことは覚えたようで、仕事から帰ると近くまで出てきて待っているようになりました。玄関でご飯を上げるようになって、そのうち、中に入って家の中を探索して。。。1月のある日、出たり入ったりしながら長く居たのでそっと玄関を閉めて家の子にしてしまいました。

 あれから3週間以上が経ちました。アンドレは随分慣れてご飯の時など私の足に擦り寄るようになったのですが、ちゃちゃはまだまだ警戒心が強いです。そうは言ってもアンドレも人の手が怖いのか触ろうとすると逃げてします。トラウマか何かあるのでしょうか。なのでまだ病院は連れっていません。検便だけしました。ミクには散歩中に会っていたので一定の距離、1m内でも大丈夫です。11月に最初に見た時には、ランの時より大きくしっかりしていたのでその時既に2ヶ月位だったのか。するともう5ヶ月に入った頃になります。最近やっとアンドレが男の子だということがわかりました。たぶんちゃちゃは女の子のようです。

 今、気がかりなのがアンドレが発情真近なのか、ちゃちゃの背中に乗って行為をしようとしているのです。ちゃちゃはまだ発情していないので妊娠する風ではないのですが、危険な二人です。ミクがお世話になっている先生は5ヶ月でも去勢はできるとおっしゃるのですが、先生によっては8ヶ月にならないとしないらしいし。あまり未熟なまんま体にメスを入れるのは可哀想かなと思っています。でも、出来ちゃったら困るし。

 それにしてもアンドレはかなりの美的にゃんこ! 写真を一杯撮っちゃいました。ちゃちゃもそれなりに可愛いのですが(笑)、性格的に臆病なので人にはやや凶暴。それと相当な食いしん坊さんです。でも、一生懸命話掛けると小さな声で「にゃぁ~」と鳴くので返事してるのかな。時間は掛かるかもしれないけど、二匹共家族の一員として仲良くしてって欲しいと思っています。

 毎日、仔猫達と遊ぶのが忙しい~。そして、猫語を使いながらミクの視線を気にしてます(笑) ミクはなんと思っているのやら。全くママはしょうがないなって思ってるでしょうね。鈴をつける日はいつ来るのでしょうか。早くキャットタワーを買ってあげたいな。

 その他の写真をアルバムにしたので是非大きくして見てやってくださ~い。アンドレは遊び好きなのでレンズを向けてて面白かったのですが、ちゃんちゃはあまり動きがなかったので出番が少ないです(^0^ゞ

P.S 母猫もたまに見かけていたのですが、最近全く見ていません。
また仔猫を連れて私の前に現れないでね~。

<こちらから>
 
アウトドア更新



 先月中旬にパパとママと1泊した小田原、江之浦の旅行記をママが作ったので見てね。
この写真はホテルのベッドでお供とまったりしてるところby ミク

<こちら>

それから、もう少ししたらママから重大発表があります。
みんな驚かないでねぇ~。僕はびっくりしちゃったよ。
プロフィール

ミクママ

  • Author:ミクママ
  • へそ天大好き犬、ミク(’07.8☆になる)の飼い主。
    猫も好きで現在、アンドレ、ちゃちゃ、びわと暮らす。
    アウトドア派の浜田省吾、達郎ファン。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
金魚clock
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。