*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千葉ライブ
 11/7、千葉県文化会館の浜田省吾ライブに行ってきました

 今回は3回目にしてやっとファンクラブの抽選が当りました。ミクパパをどうしても一度は浜省の素晴らしさを見せたくて予定を入れてもらっていたのですが生憎、会議が入ってしまいいつものMさんに同行してもらいました。

 1F席の右端でしたが、まずまず見えました♪
そして「A PLACE IN THE SUN」の第一声が聴こえ始めた時、また浜省に会えた喜びとここに来れたことに安堵してか涙が出てきました。

 MCでは、学園祭ゲスト男性部門1位だった頃の思い出話を語ってくれました。(ちなみに女性は竹内まりやさんだったようです)
とある千葉の女子校でライブをやった時、先生方の規律が厳しくて浜省がどんなに盛り上がっても生徒さんは大人しく観ていただけだったそうです。でも、突然顔がマイクにぶつかってサングラスが飛んだ時は一斉に「キャァ~」って前に駆け寄ってきたとか。その光景は今まで押さえていたから余計迫力あったでしょうか。素の浜省が見れた人達は興奮のるつぼだったでしょう~先生方も見入ってたりして(笑)

 浜省の元気な歌声と暖かいメッセージに癒されてきました。
今度はいつ会えるのかな。。。
スポンサーサイト

テーマ : ライブ シーン
ジャンル : 音楽

宇都宮の熱い夜
 (木)、仕事を終えて一人新幹線に飛び乗り宇都宮へ。NHKホールは手が出なかったけれど、宇都宮市文化会館のチケットが間際に取れたので宇都宮駅でM女史と待ち合わせたのでした。それにしても、東京は晴れていたのに小山を過ぎた頃には空は暗く現地は小雨模様。やっぱり私達の浜省のライブには雨が付き物なのか。。。

 一足先に着いた私は駅でお土産を買ったり案内所でバスの所要時間を尋ねたりしていました。M女史がお土産を買った後タクシーに乗り込み目的地へ。既に6時10分過ぎ。バスで20分でもタクシーなら間に合うだろうと高をくくっていたら道路が渋滞。到着したら6時30分はとっくに過ぎていて人がほとんど見当たらない。建物もどこ?って一瞬探してしまったけれど大ホールに入ったらもう始まっていますので席に着くのは少しお待ちくださいって最後列で足止めされちゃいました。それもそのはず、浜省の「Place in the sun」の第一声が発せられる間際だったのですから。でも、スタンディングしているオーディエンスの後ろをするりと通って無事、席に。ほんとにギリギリに間に合った?って感じでした。

 浜省が「今日はベストの中のベストだよ~」と言うと「わぁ~!」と私達オーディエンスは最高に嬉しい! 久ぶりに見る浜省はとっても元気そうでダンスもノリノリ。声もよく通ってる。メンバーもノッテルし、長田さんのギターがいつもよりもっと格好良く見えました。

 前半のセレクトした2曲。今回は「片思い」と今の時期にぴったりな「紫陽花のうた」でした。「片思い」、言うまでもなく素敵な曲。「紫陽花のうた」も地味ながら名曲です。後半は往年のヒットパレードで最後の最後まで会場全員が一丸となって同じ時間を駆け抜けていきました。アンコールも全員で「省吾」コール。去年の高崎より、静岡より、ここ宇都宮は熱かったです(餃子パワー?) いつものことだけど浜省のファンは男性と女性、ほぼ半々。男性陣が熱くそして生真面目なくらい浜省を慕っているその気持ちがヒシヒシと伝わってきます。少し離れた男性は間奏の歌詞もちゃんと歌ってる。心底浜省の歌が好きなんだなーって感じました。

 最近はミクのことで凹だりしてライブはパスでもいいかと思っていたのですが、やっぱり参加してよかった。今までの中で一番自分を解き放つことができたかも。浜省に元気をもらって最高の夜でした

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

"賀省"



浜省からお年玉をいただきました~イエイ~♪ (★^▽^)V
見て見て見てください! ツアートラックにギターがついてるんですよ。早速<、車のリアウインドウに付けてみました♪
ギターが可愛く小刻みに揺れます。うふふっ、後ろの車は気づいてくれるかな。春のツアーの招待券はいただけなかったけど、これで許しちゃおう。
 
 益々、浜省カーらしくなって、今年も重度の浜症で~す
静岡ライブ
0611tourtrack.jpg


(木)、行ってきました浜田省吾、静岡ライブへ。
Mさんと上野駅で待ち合わせて、何だか遠足みたいに二人共ハイになってました(^^) 東京駅からひかりに乗って1時間弱で着いてしまうんですね~早い! 駅に着いたのが4時頃だったのでどこかで食事をと、ステーションビルの6階へ。せっかく来たのだからと沼津のお寿司屋さんでにぎりをいただきました。新鮮なネタだったし蟹汁もとっても美味しかったです。その後、会社や家へのお土産を買って、市民文化会館を目指してぶらぶらと歩いて行きました。途中、雨がパラパラと。前回の前橋でも降られちゃったけど、今回もダメみたい。誰が雨男か雨女なのか、、、やがて会館のある駿府公園へ到着。ツアートラックは3台くらい停まっていました。

 さてさて、始まりのブザーの合図でオーディエンスは歓声と拍手。毎回ですがこのドキドキ感がたまらないですね~。スクリーンに映し出される日本の美しい風景。やがて「PLACE IN THE SUN」の歌が聴こえてきて浜省とバンドが私達の前に姿を現してくれました。また会えた喜びで胸が一杯! 前回より声の通りがいいみたいと思ったら、浜省自信も「今日はめちゃくちゃ元気です」と。 9月から始まったツアーで疲れてないかと心配していたのでよかった~! ここ静岡のオーディエンスも前回の前橋より元気でノリがいい感じ♪ ライブ構成は1曲ほど入れ違っていたようだけど前回とほぼ同じでした。私達にヒップホップのダンスだよと手ほどきしてくれたけど、何だかイマイチなフリだなぁ~って(笑) 

 お馴染みの年代別調査。10代以下もいたし、60代の方もいたましたが、やっぱり30-40代が圧倒的ですね~。10代のファンが手を上げた時、前列で咄嗟に差し出した手に浜省が応えてくれて握手してもらって、あ~、羨ましい。浜省ってなかなかそういうことしてくれないみたいなんだもん。中には浜省のライブに初めて来た人達もほんの少し居たけれど、ほとんどがリピーターぱかり。この会館には8年と半年振りとか。その時のファンもたくさん来ていたけど他の静岡エリアのツアーにも参加した人も大勢いて、ほんとに浜省は根強いファンを持っているんだなって改めて思いました。

 町支さんや古村さんも元気でバンドも最高でした。「僕の歌を見つけてくれて、愛してくれて、育ててくれ、本当に有難う」ってファンに対する感謝の言葉にこちらこそこんなに素敵な歌を有難うって気持ちで一杯です。「心と身体、身体と心は一緒です、、、みんな元気で」って。浜省のメッセージを忘れずにまた明日から頑張ろうって思いました。大好きな「家路」に涙。そして、最新のアルバムから「I am father」。そしてお馴染みの「J-BOY」とみんで最高に盛り上がりました。最後に浜省がステージの袖に消えていく時、Mさんと「じゃ、【浜省】でいくよ、せーの【ハマショウ~!】」と黄色い声でハモッてみました(^^)

 帰りは予定より一つ早く乗れたと思ったら"こだま"だったので後からの列車に抜かれてしまいましたw(:_;)w Mさんにお裾分けしてもらったお土産の「黒はんぺん」を頬張りながら楽しいライブ旅路となりました~

 P.S
もう暗くなり始めていたのでいい写真ではありませんが せっかく撮ったので追加で載せます。
前橋ライブ



 行ってきました、浜田省吾ライブin 群馬県民会館♪
生憎の雨模様。そしていつも一緒のMさんは仕事先から直行で私一人、お先に行くことになりました。いつも旅行はミクパパと車で。新幹線に一人で乗ったことは過去1回しかない箱入りおばさんなので(恥)時間や駅前、バス乗り場など念入りにチェックしまくって、もしや最終電車に乗れなかったらホテルに泊まるかもとビジネスホテルまでチェックして現地に臨んだのでした(^0^ゞ 駅前のヨーカードーで夕飯を食べてバスに乗ったら浜省Tシャツを着た若者が居たのでほっと安心。バス停を降りたら彼の後にくっついて県民会館に辿り着きました(笑) さしずめ彼は歩くナビゲーター(^^)
 
 さてさて、本降りの雨の中、既に会場はオープンしているはずなのに長蛇の列。まずはツアートラックの写真を撮って(暗くて良く撮れませんでした(^0^ゞ から並びました。やっと中に入ってもグッズ売り場も人混みでごった返していました。友人に頼まれていたものもあったので並んでいたら「もうすぐ始まります」のアナウンス。焦ったけれど何とか買い終えて慌てて席に着き、Mさんも無事に到着しました。
 
 席は1階のやや後ろの方でしたが、まずまずでした。オープニングの音楽が始まると歓声が上がり手拍子が始まりました。このワクワク感がタマラナイ~! バンドメンバーを迎え、ラストに浜省の登場! 拍手と呼び声の中、1曲目は「PLACE IN THE SUN」。ちょっと意外の選曲だったけど、休憩の時間にこの曲をベースにフィルムが回りました。小学生の少年を主人公にキョンキョンも母親役で登場の淡い初恋の話でした。こういう休憩タイムもあるんですね~。

 浜省がソロになって30年。今夜は所謂30歳の誕生パーティーみたいなものだからということで、面白かったのは浜省がまだ居酒屋などで流していた頃の再現シーン。「チューニングは10回に1回しかあってませ~ん」とか「30分で消えますから~」と一人、細々とやっていたようです。そして、聴かせてくれました、「生まれたところを遠く離れて」。ベストで聴いているよりずっと素敵でした。それから、初期に作ったという「散歩道」。とっても可愛い歌で大好き! そして、ラストは「家路」で〆。大好きな曲が聴けてとっても感激でした。それから一番の収穫はスクリーンに流れる写真に小学生の男の子が現れ、「おや?」。もしやあれは浜省? と思ったら唇の厚い子がまた現れ、やっぱり!! とうとう浜省の素顔が見られました! もしかして、去年のライブにも流れたかもしれなかったけれど気づかなかったかな。まっ、私の2回目の夢に出てきた薄い色のグラサンの奥に見た瞳とほぼ同じだった(笑) 思わず"省ちゃん"って呼びたくなっちゃった(^^)

 アンコールは3回。お馴染みの曲を聴かせてくれて、オーラスはやっぱり「ラストダンス」でした。又、みんなでコーラースできて嬉しかった。町支さんも古村さんもお元気そうでした。お尻をプリプリしながらギター弾く姿が可愛かったよ <町支さん!
 
 「みなさんもいい人生を送ってください」と浜省のメッセージ。ほんとにいつも心がこもっています。みんな拍手で応えていました。9時半頃には会場を後に、予定通りの時間で無事に帰ってこれました。
プロフィール

ミクママ

  • Author:ミクママ
  • へそ天大好き犬、ミク(’07.8☆になる)の飼い主。
    猫も好きで現在、アンドレ、ちゃちゃ、びわと暮らす。
    アウトドア派の浜田省吾、達郎ファン。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
金魚clock
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。